教育関連情報

教育を受ける時には、忘れないようにノートに書きこむ

仕事先で教育を受けている時には、その職場でのルールに従って作業を行うことになります。
新人教育をするにあたり、叱ったりすることもありますが、叱るだけに留めないことが重要になってきます。
叱ったら褒めるということを繰り返すことで、新人の方は、気持ちが下がっていても、がんばろうという気持ちになれます。
人間なので、仕事をして失敗をすることも必ずあります。
失敗したことがないという方の方が統計としては、かなり少ないですね。
そこで、怖い上司と新人の頭の中に残ってると、万が一失敗をした時に、言いづらい状況になるので、何でも相談が出来る状況を作ってあげることが大切となります。
また、教育をする側は、新人に教える立場になるので、教える側もきちんと出来ていることが重要なことです。
内定をもらえると、その企業で個々の先輩方から教育を受けることになってる時、ノートを活用して、教育を受けたことや感じたこと、ポイントなどその都度ノートに書き込む癖をつけておくことです。